どう思ってますか?

銀行ローンのイメージ

5月 24th, 2016 at 1:42 PM

住宅新築のためにお金を借りようと思った

in: 未分類

私は神戸・淡路大震災のあった後自宅を新築することを考えました。
なぜなら、以前の家がだいぶ老朽化していて筋交いも入っていなくて壁も少ない家で、地震にはとても耐えられない家だと確信したからです。

その時私は40代後半でした。私の家計は決して余裕があるわけではなく、売るべき固定資産などもありませんでした。
しかし住宅の新築のような大仕事は収入のある若いうちにしないと定年過ぎでは無理だと思いました。
当然借り入れができなければ新築は不可能ですが、返済のことを考えると今が最後の時期かなとも思いました。

当時の定年は60歳でした。
どう考えても私が用意できるのは頭金位でした。あとは当時の住宅金融公庫から借りる以外は方法がありません。
会社を遅刻して近くの信用金庫へ相談に行きました。

職員さんは親切に対応してくれました。
一番大切なのは将来にわたって安定した収入が見込めるかと言う事でした。幸い私は中小企業ですが、高校卒業以来転職することなく勤続してきました。妻もパートでしたが仕事をしておりました。
職員さんの反応は悪くはありませんでした。審査をしますので必要書類を用意して奥さんで良いから届けてくださいと言われました。それは市役所で発行する収入証明書や土地建物の登記簿謄本の写しなどでした。

私が会社を抜け出して市役所や法務局へ行って必要書類を用意しました。そして妻が信用金庫へ届けました。
その後も必要に応じて信用金庫から電話があり、質問に答えたり書類を届けました。

私の考えは、信用金庫を通して住宅金融公庫が貸していただける範囲内の規模の家を建てるというものでした。
妻も同じ考えでした。
その後信用金庫といろいろな折衝があって住宅金融公庫から貸し出しの決済がおりたとの連絡が信用金庫からありました。
この後は借入申込書の作成や見積書の作成などすることが山ほどありました。

保証人は誰かにお願いするか保証料を払って保証人は立てないかなど決めなければならないことなどしなければならないことが次から次へとやってきます。
保証料を長期に支払うのはもったいないので、私の弟に頼んで快諾してもらいました。

当時の金利は今では考えられない年6.5%でした。
当時は親からの税金のかからない贈与は300万円でしたが私の親はそんな大金はありませんでした。住宅減税も今とは比べ物にならないくらい低額でした。

ローンを返済しながらの日々の生活は大変で、何度もお金を借りたいと思いました。今では会社にバレずにお金を借りる事(※キャッシング勤務先)なんて簡単ですが、当時はそんなことができなかったのです。
しかしその1年後新築住宅は完成しました。最初の1~2年は毎月利息を払っているだけでした。最近ようやく返済が終わりました。子供に荷物をしょわせなくてよかったと思っております。

comments Comments (0)    -
6月 26th, 2014 at 1:29 PM

これから先のことで悩んでいる

in: 未分類

わたしは、安心を求める人間です。

行き当たりばったりが大嫌いで、そうならないように常日頃から努力をするように生活をしてきました。 しかし結婚するとそうはいかなくなり、正直しんどくなってきました。

この心の悩みをどうすればいいのか。 働きたくても子供を預ける保育園も待機児童が多く、待ちで全く入れるそぶりもないです。

主人は子供の面倒を見てくれるわけでもなく、仕事も不規則なので夜中見てくれるわけでもなく。

そう考えれば考えるほど、これからの生活が不安で仕方がなくなってきます。不安で不安で。。。

学校に上がるまで子供はあと3年かかります。それまでに生活を維持していくことができるか。 難題になってきました。

今のうちからどうにかこうにか手を打たなければと思い、今、お小遣いサイトや在宅でフリーランスの仕事をしながら2万円くらいの収入を得ることをしています。

この収入がどのくらい生活に役立つかはわかりませんが、塵も積もれば山になるという精神で保育園が空くまで頑張って行こうと思っています。

以前、お金がなくてカードローンで借りたことがあるんですが、この時は本当にお金がなくてきつかったです(*_*)

もうあの時の二の舞にはなりたくないですね。。。

保育園が増え、待機児童が減れば何もかもがスムーズにいくのになぁと毎回思います。

働きたくても働けないというそんな環境は良くない。生活がきつい人はどうなるのかと思います。

comments Comments (0)    -
6月 9th, 2014 at 8:07 AM

スーパーのレジ

in: 未分類

大学生になってから、週に5日というハードなスケジュールでアルバイトをしていました。家の近所のスーパーのアルバイトです。

シフトが埋まらない時は、無理やり休みを返上させられてバイトしている時もありました。アルバイトをはじめてとても困ったのが、大学とアルバイトの両立でした。バイトもシフト出られないと言いづらかったのでバイトを優先に生活していたら単位を落としそうになったり、1年目の単位が少ししか取れなかったので2年がハードでした。

アルバイト生活は、先輩がお客さんやパートさんが怖がるくらいおっかない先輩がいて毎日イジメられて大変だった思い出があります。しかし、日々バイトへ行っている間に馴染んで仲良くなれました。仲良くなるとすごくいい先輩なんだなーって思うようになりましたね。

バイトに慣れてから、男子バイトでカッコいい人がいることに気がつき、毎日その人に合うのが楽しみでした。高校・大学が全部女子校だったので男性と話すのが苦手でしたがアルバイトを通して苦手が克服することが出来ました。残念ながらこのカッコいい人とおつきあいまでするという事にはなりませんでしたけどね。出来れば付き合いたかったけど(笑)

でも、友達の話とかを聞いていると、アルバイト先で恋人ができるっていうことも多いみたいですよね。

学生であまり仕事に対して真面目ではなかったので、お客様からクレームがきたり、その対応をしたりと大変な経験もありましたが、なんとか乗り越えてこれたのが今の社会経験となって良い経験だったと思います。いきなり社会に出るよりも、こういう経験もしてから社会に出て行ったほうがいいはずですからね。

あとは、忙しい日々ではありあしたがスケジュールを調整出来るようになったのも良い経験でした。もっと遊びたかったけど、アルバイト生活も良い思い出となってます。

comments Comments (0)    -
5月 24th, 2014 at 10:03 AM

キャッシュカードが使えない

in: 未分類

貧乏学生であった私は、親からの仕送りもなく、奨学金を借りていました。月々指定で作られた口座に振り込まれていたのです。

医療系資格の専門学校で学んでいたので、実習があり、学校のあった地域から離れる期間が生じました。実習中なのでアルバイトなどもできず、奨学金のみが頼みの綱でした。

ところが、近くの銀行のキャッシュコーナーでお金をおろそうとしても、何度やっても銀行のカードが取扱いができないという結果になってしまうのです。

どうやら、決まった支店でしか使えないカードだったようで、実習でいつもの銀行の支店から遠く離れた県にいたため、どうしようかと目の前がまっくらになりました。

幸い、学校から実習に通えている同級生にカードを送り、お金を送ってくれるように頼むことができたのですが、これが待てども待てども送られてこない。

いよいよ所持金も使い果たし、実習地の指導者に頼んでお金を借りようかと思案しているところへ、就職した先輩が遊びにきたのです。

呑みに行こうと誘われましたが、そんな事情を告げると、こころよく、おごると言ってくれ、またお金も貸してくれるというではないですか。

とてもうれしったのもつかの間、安易におごってもらったのはいいのですが、先輩の方も私に貸すほどの所持金はなくなってしまったのです。飲み代に使い果たしてお金がないとは・・・( ゚Д゚)

あほらしい話ですが。それでも1000円程かしてくれ、その1000円で1週間ほど食いつなぎ、その後やっと同級生に頼んだお金が届いたのでした。そのままでは帰るお金もなく、路頭に迷うところでした。

あの時は本当にピンチでしたね。やっぱり何が起こるのか分からないので、いかなる時もある程度余裕を持ったお金をもって置かないと不安ですね。

あの時から何があっても大丈夫なように、出来るだけ多めに現金を持っておくように心がけています。まぁ、多いと言っても私的に多い金額であって、世間的にはそれだけ?っていう金額なんでしょうけどね(*_*)

comments Comments (0)    -
4月 17th, 2014 at 11:27 AM

お堅い職場

in: 未分類

銀行のイメージと言えば、とりあえず堅そうなイメージがありますよね。銀行員は真面目な人ばかりって、イメージですよね。

やっぱりお金を扱う仕事なので、真面目で堅い人たちばかりでいいと思うんですが、ちょっと堅すぎでは?って思ってしまう事もあります。

人それぞれなので、中にはそんなに真面目ではない人もいるのかもしれませんけどね。

まぁ確実に一つ言える事は、私は絶対働けないってことですね。

comments Comments (0)    -