どう思ってますか?

銀行ローンのイメージ

5月 24th, 2014 at 10:03 AM

キャッシュカードが使えない

貧乏学生であった私は、親からの仕送りもなく、奨学金を借りていました。月々指定で作られた口座に振り込まれていたのです。

医療系資格の専門学校で学んでいたので、実習があり、学校のあった地域から離れる期間が生じました。実習中なのでアルバイトなどもできず、奨学金のみが頼みの綱でした。

ところが、近くの銀行のキャッシュコーナーでお金をおろそうとしても、何度やっても銀行のカードが取扱いができないという結果になってしまうのです。

どうやら、決まった支店でしか使えないカードだったようで、実習でいつもの銀行の支店から遠く離れた県にいたため、どうしようかと目の前がまっくらになりました。

幸い、学校から実習に通えている同級生にカードを送り、お金を送ってくれるように頼むことができたのですが、これが待てども待てども送られてこない。

いよいよ所持金も使い果たし、実習地の指導者に頼んでお金を借りようかと思案しているところへ、就職した先輩が遊びにきたのです。

呑みに行こうと誘われましたが、そんな事情を告げると、こころよく、おごると言ってくれ、またお金も貸してくれるというではないですか。

とてもうれしったのもつかの間、安易におごってもらったのはいいのですが、先輩の方も私に貸すほどの所持金はなくなってしまったのです。飲み代に使い果たしてお金がないとは・・・( ゚Д゚)

あほらしい話ですが。それでも1000円程かしてくれ、その1000円で1週間ほど食いつなぎ、その後やっと同級生に頼んだお金が届いたのでした。そのままでは帰るお金もなく、路頭に迷うところでした。

あの時は本当にピンチでしたね。やっぱり何が起こるのか分からないので、いかなる時もある程度余裕を持ったお金をもって置かないと不安ですね。

あの時から何があっても大丈夫なように、出来るだけ多めに現金を持っておくように心がけています。まぁ、多いと言っても私的に多い金額であって、世間的にはそれだけ?っていう金額なんでしょうけどね(*_*)

-

 

RSS feed for comments on this post | TrackBack URI

CAPTCHA